タウンマップ

2019年5月1日-6月23日 いわき市暮らしの伝承郷5・6月行事案内

日時: イベント一覧へ戻る» 2019年5月1日 @ 09:00 – 2019年6月23日 @ 17:00
場所: いわき市暮らしの伝承郷(いわき市中央台・県営いわき公園内)
いわき市鹿島町下矢田字散野14-16
費用: 一般330円(270円)高・高専・大学生210円(170円)小・中学生170円(110円)※( )内は20名以上の団体割引料金
お問い合わせ: いわき市暮らしの伝承郷
TEL0246-29-2230

けん玉  銀ちゃんの昔語り 民話の語り①

写真は「けん玉道場」「銀ちゃんの昔語り」「民話の語り①」です。

たくさんのお客様にご来場頂き誠にありがとうございました。

 

伝承郷201905-06イベント

 いわき市暮らしの伝承郷5・6月行事案内

(1)年中行事「端午の節句飾り」

 4月下旬~5月中旬

 内 容 市民の方々より寄贈された絵幟、鯉幟、内飾りなどを展示します。

 民家の軒先には菖蒲と蓬を挿します(民家ゾーンは観覧料が必要です)

 場 所 休憩コーナー、民家ゾーン

(2)体験学習「けん玉道場」

 5月5(日・祝)10:0012:00

 内 容 けん玉元日本チャンピオンが華麗な技の演技と指導をします。検定認定者には、公式認定証が授与されます。

 場 所 休憩コーナー  講 師 けん玉8さん

 定員20名※事前申込みが必要です(募集期間:4/15/4)。

(3)体験学習「銀ちゃんの昔語り」

 5月11()10:0011:00

 内 容 「村の信仰について」

 村で行われていた十九夜様や水口まつり、山入りなど様々な祭りや年中行事について語ります。

 場 所 休憩コーナー  語 り 手 永山銀一さん

 ※どなたでも、ご自由にお聴きいただけます(観覧料不要)

(4)体験学習「民話の語り①」

 5月11()13:3014:30

 内 容 「蛙ぼた餅」「みょうが宿」「舌切り雀」「キツネと太鼓」ほか

 場 所 旧川口家  語 り 手 いわき民話の会のみなさん

 ※どなたでも、ご自由にお聴きいただけます(観覧料が必要です)

(5)市民展「第9回いわき墨友会展」

 5月23()27()9:3016:30

 場 所 企画展示室※最終日1530まで

(6)演奏会「ハーモニカ演奏会①」

 6月1()10:3011:30

 曲 目 「茶つみ」「千の風になって」「きよしのズンドコ節」など

 場 所 休憩コーナー 演 奏 泉ハーモニカクラブひばりのみなさん

 ※どなたでも、ご自由にお聴きいただけます(観覧料不要)

(7)体験学習「民話の語り②」

 6月8()13:3014:30

 場 所 旧川口家  語 り 手 小澤洋子さん

 ※どなたでも、ご自由にお聴きいただけます(観覧料が必要です)

(8)市民展「第25回写団いわき写真展」

 6月13()16()9:3016:30

 場 所 企画展示室※最終日1600まで

(9)市民展「第15回さざなみ会絵画展」

 6月21()23()9:0017:00

 場 所 企画展示室※最終日1500まで

(10)体験学習「ヤマブドウの携帯(スマホ)ケース作り」

 6月23()10:0015:00

 内 容 ヤマブドウの樹皮を材料に携帯電話(スマホ)のケースを作ります。

 場 所 旧猪狩家  講 師 遠藤紀明さん・蛭田美知子さん

 定員15名材料費1,200円※事前申込みが必要です(募集期間:5/15/20)。

 

体験学習・伝承郷講座の申込は、募集期間を厳守の上お申込みください。

 募集期間内に定員に達しなかった場合は、募集を継続します。

〈申込み方法〉

 次のいずれかの方法でお申込み下さい。

 ①はがき(当日消印有効) FAX(0246-29-2235)電子メール(info@denshogo.jp)

 ④窓口へ来館

 ※電話でのお申込みはできません。

 ※次の内容を記入の上お申込みください。

 ①希望体験学習名氏名(ふりがな)年齢住所電話番号

 ☆1通につき1名でお申込みください。なお、お申

 込み多数の場合は、『抽選』となります。

申込み・問い合せ先

 いわき市暮らしの伝承郷

 〒970-8043

 いわき市中央台・県営いわき公園内

 ☎0246-29-2230

 URL:http://www.denshogo.jp

開園時間9時から17時まで(入園30分前まで)

休園日毎週火曜日(5月1日は臨時開園)

観 覧 料 一般330円 高・高専・大学生210円 小・中学生170円

以下の方は、無料で観覧できます。

 ・毎週土・日、市内の小・中・高・専修・高専生。

 ・市内在住の65歳以上の方。

 ・身障者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方